50代から徹底させる本気のエイジングケアに迫る【基礎化粧品探しの旅に出よう】

女性

育毛剤と美容液の違い

目元

まつげの育毛剤と美容液には、違いがあります。育毛剤は医薬品、美容液は化粧品として捉えるとよいでしょう。育毛剤は医薬品なので、医療機関を通してでなければ購入できません。

View Detail

年齢に合わせた化粧の仕方

女性

これから50代に差し掛かる方、もしくは50代に入って改めて肌や化粧の仕方を見直したいという方は、50代向けの基礎化粧品を使いましょう。基礎化粧品は年代別に分けられた商品づくりがなされているので、年齢に適した商品を選び使用することで、より高い効果を実感できます。50代向けの基礎化粧品は、ヒアルロン酸やコラーゲンが多量に含まれている傾向にあります。どちらも元々体内にある成分ではありますが、加齢していくにつれてその生成量がどんどん減っていってしまうからです。どちらの成分も、肌のモチモチ感や潤いを出すためには必要不可欠な成分です。肌の若返りを図りたい方は、これらの成分がたっぷり詰まった50代向けの基礎化粧品を使いましょう。

基礎化粧品と言えば化粧水や乳液をイメージしがちですが、クレンジングクリームも基礎化粧品の1つです。クレンジングクリームの中には、50代向けに作られた商品もあります。保湿成分が多量に含まれており、肌の乾燥を大きく防いでくれます。使用方法も従来のクレンジングクリームも全く変わらないので、誰でも簡単に使うことができます。このクレンジングクリームを使ってマッサージを施せば、次第に肌が潤いを持ち、モチモチとした若々しい肌に生まれ変わるでしょう。50代向けのクレンジングクリームは全国にあるデパートの化粧品売場や通販サイトで気軽に買い求めることができるので、いくつかの商品を見てみるとよいでしょう。

効果を発揮する成分

スキンケア

乾燥肌を持つ女性にとって、使用する化粧水選びは非常に重要なポイントと言えます。肌に強い刺激を与える成分を使用すると、すぐに肌が荒れてしまったり、肌トラブルを招いたりしてしまうからです。

View Detail

肌に浸透しやすい成分

化粧水

ビタミンc誘導体が配合された化粧水を使うことで、ビタミンcの効果を肌に十分与えることができます。ビタミンc誘導体はいくつかの種類に分かれており、それぞれに特徴やメリットが備わっています。

View Detail